ダイエット治療は短時間で終わるものが多いです

女性の自信を取り戻す

乳房を失うという事について

最近の乳がん手術ではなるべく乳房の温存が図られるようになっていますが、どうしても乳房の切除を避けられないことがあります。乳房は女性の象徴だと言われていますので、乳房を失ってしまうことに対して強い抵抗感を覚える女性が少なくありません。また、例えがんを治療することができたとしても、女性としての自信を失ってしまい、深く落ち込んでしまう人がいます。気持ちのハリが失われてしまうと、体の免疫力や自然治癒力も衰えてしまいますので、がん治療の面から考えても望ましいことではありません。たとえ乳がん手術で乳房を失ってしまったとしても、形成外科や美容外科で乳房再建手術を受けるようにすれば、失った乳房を取り戻すことができます。乳房再建手術を受けて笑顔まで取り戻せるようになる人が多いので、前向きに検討してみることをおすすめします。

失った乳房と自信を取り戻す

乳がんが原因となって乳房を失う女性は多いですが、形成外科医の手によって乳房を取り戻すことが出来ます。乳房再建の仕上がりは、乳がんの手術方法で変わってくる場合があります。その為、まずは手術方法を確認しなくてはなりません。乳腺外科医という専門医がいるので、始めから乳房再建を希望しているのであれば手術方法について相談してみると良いでしょう。また、がんの摘出手術と共に行う一次再建、摘出手術後に期間を設けてから行う二次再建があります。希望するタイミングがある場合も、しっかりと相談して納得するまで話し合う事が大切です。